システムの信頼性は各コンポーネントの品質の総和

システム全体の信頼性を高めるには、個々のコンポーネントが冗長ではなく堅牢に設計されている必要があります。大規模なシステムであっても一つの低品質なコンポーネントによって台無しになってしまうこともあるでしょう。

柔軟性の高い単体テストが可能

VectorCASTを使用するとホストシミュレータやボード上で単体テスト・モジュールテストを自動的に実行することができます。(組み込みテストを参照)。C、C++、Adaで組まれたコードが要件を満たしているのかテストすることができるので、ソフトウェア品質を向上するためにVectorCASTをご活用ください。
また、サードパーティのライブラリに対してテストしたり、実装前にテストコードを生成したり(アジャイルモード)、テストケースと要件を関連付けたりすることも可能です。直感的に使用できるGUIなので、エンジニアやQA部門など様々なメンバーがすぐに使用できるでしょう。
作成されたテストケースは整理され、プロジェクトとして管理できるので、必要に応じて再実行をおこなったり、別のプロジェクトでテストを再利用したりすることが可能です。(回帰テスト/変更ベースのテストを参照)

VectorCASTテスト自動化ツールの強み

  • 全てのコードをテストすることが可能

機能テストやシステムテストで100%のコード・カバレッジを達成することは難しいでしょう。あるデータによるとテストされていないコードは一般的に全体の30~40%、時にはそれ以上と言われています。VectorCASTは単体テスト・モジュールテスト・システムテストを並行しておこなうことができるので、全てのコードをテストすることが可能です。VectorCASTのコード・カバレッジ機能は、単体テスト・システムテストなど、異なるテストから得られる結果を統合することができるので、100%のコード・カバレッジを実現できます。

  • コードの再利用性を向上

多くの企業では様々なプロジェクトでコードを再利用しようとします。しかし、既存のコードを将来のプロジェクトでどのように利用できるのかについては常に課題が付きまといます。VectorCASTは異なるシナリオでテストを実行したり、コードからテストを自動生成したりすることで、コードの再利用性を強化し、開発時間を短縮することができます。

  • 特定の要件への適応

VectorCASTは要件事項に対してテストをおこなうことができます(要件テストを参照)。また、VectorCASTのテスト自動生成機能によって、短時間で網羅的なテストを実施することが可能です。レガシーコードを様々な環境に適応させるために、VectorCASTで不具合が出そうな箇所をあぶりだすこともできます。(レガシーコードのテストを参照)

お客様の声

「VectorCASTを使用することで、私たちは必要に応じてユニット・テストを顧客の環境に合わせてテストすることができます。」

Yves Schenker, Embedded Software Engineer
Helbling Technik

「私たちは様々なテストツールを使用しましたが、VectorCASTソリューションが提供する自動化のレベルに非常に感銘を受けました。 VectorCASTを使用することでソフトウェア開発の生産性を向上することができています。」

Steven Lincoln, C-130 Software Development Manager
Lockheed Martin Aeronautics

「VectorCASTは私たちのユニットテストのニーズに合わせて、期待を超え、高いレベルで役立ちました。」

Ronald L. Martinez, Information Technology
Raytheon Company

「システムテストだけでは顧客の要求品質を満たすレベルで市場に出すことはできませんでした。今までのやり方から脱却し、開発ライフサイクルを見直す必要があると考えていました。VectorCASTのモジュールテストの機能はテストプロセスを自動化します。VectorCASTは品質向上や納期達成のために有効です。」

Axel Kehlenbeck, Sr. Analyst
Sentry Technology Group