よく書かれたコードは、保守が容易

ソフトウェアコードは通常、静的ではありません。定期的にアップグレードされ、可能な限り再利用され、時間の経過とともに進化して行きます。そしてそれは会社の貴重な資産の一つとなる事を目標とされます。しかし、突発的なコードの追加などによりドキュメントや整然さを欠いた物をその資産に追加してしまう可能性があります。コードが複雑で読みにくくなるとエンジニアは変更を行うことを躊躇する様になります。

VectorCASTはコードを整然とした形態に保ち、アップグレードを容易にする手助けをします。テストをVectorCASTの環境で再利用しやすくするだけでなく、静的解析エンジンは危険なコードの構造や命名基準を検査し、メンテナンス困難なコードを検出・分析する方法を提供します。VectorCASTの静的解析は実績のあるLintの技術に基づいて構築されており、選択可能なMISRAなどのポピュラーな数百のコーディングルールの標準をサポートしており、直感的で効率的なユーザーインターフェイスを備えています。ワーストケースのスタック消費量解析を行うことができ、フィールドでのクラッシュを防ぐ方法を提供します。

お使いの静的解析ツールとの統合

すでに静的解析ツールを持っており、それに満足でしたらそのままご使用いただけます。 VectorCASTはAda、CおよびC ++の様々な静的解析とフォーマル検証ツールと統合されています。

主なメリット

  • コーディングルールはメンテナンスや再利用のためにあります

コードが何をするか理解していないとき、エンジニアは効率的に既存のコードを拡張することはできません。 VectorCASTは、エンジニアに読みやすく理解しやすいコード作成を助け、メンテナンスや再利用作業を助けます。

  • 静的解析と動的試験の間の相乗効果を活用

それが私たちの実績のあるLintエンジンであるか、または他のベンダーからのサポート静的解析ツールであるかによらず、VectorCAST環境との統合により、単一のインターフェースからソフトウェアの品質活動の為のデータを取得し、それらの間の相乗効果を活用することができます。なぜかテストで到達できないコードの行が残る時、静的解析でエラーが警告されていないでしょうか? エンジニアは製品の信頼性を新たな高みにもたらすことができます。