見やすいコードはメンテナンス作業を効率化する

ソフトウェアコードは通常、定期的に更新され時間の経過とともに進化していきます。そして、できあがったコードは会社の貴重な資産となるでしょう。しかし、突発的なコード追加などにより、コードが煩雑になったり、不十分なドキュメントを追加したりしてしまう場合があります。コードが複雑で読みにくくなるとエンジニアは変更を加えることを躊躇するようになるでしょう。

VectorCASTはコードを整然とした状態に保ち、アップグレードの作業を容易にします。テストを再利用しやすくするだけでなく、コードの構造や命名基準をチェックし、不具合を出す可能性の高いコードを検出・分析することができます。VectorCASTの静的解析機能は、実績の豊富なLintの技術に基づいて構築され、MISRAなど数百のコーディングルールに対応しており、わかりやすく操作しやすいユーザーインターフェイスを備えています。また、ワーストケースのスタック消費量解析の機能を備えているので、フィールドのクラッシュを防ぐことが可能です。

様々な静的解析ツールと統合可能

VectorCASTは、Ada/C/C++の様々な静的解析ツールや検証ツールに対応しています。お使いの静的解析ツールと組み合わせてお使いください。

VectorCASTテスト自動化ツールの強み

  • 保守性の高いコード作成を実現

コードが煩雑で何をするのか理解できないとき、エンジニアは効率的にコードを拡張することができません。VectorCASTはエンジニアが読みやすく理解しやすいコードを作成することをサポートします。

  • 静的解析と動的テストを組み合わせて利用可能

テストで到達できないコードがあり、静的解析ツールでエラーが表示されることはありませんか?VectorCASTはLintエンジンだけではなく、他のベンダーの静的解析ツールと統合することができるので、コード・カバレッジ100%を実現することが可能です。