変更はどこまでも続く

ソフトウェア開発において、常に変更や更新があるという問題は確実に付きまとってきます。作成したコード・ベースが動かないという事は少なく、それは仕様変更や機能追加、バグ修正やリファクタリングなど、あらゆる理由から変わり続けます。それは開発者から見たメンテナンスにかける工数という点では非常に煩わしい作業ですが、市場はそれを要求します。
そしてテストはこれら全ての変化についていかなければなりません、昨今のソフトウェアコードの肥大化は、同時に多くのテストを必要とする事を意味しています。変更が発生する度にこれらすべてのテストを再実行する事は多大な時間を取られる事になります。その結果、大掛かりなテストはリリースの直前のフェーズで集中して行われる傾向があります。
そこで問題は試験が通らない場合、すなわちバグが見つかった場合にどの変更の影響を受けたものであるかを突き止めにくく、原因究明と修正に時間がかかり、ひいては最終テストがいつ終わるかという予測を立てにくいという悪循環に陥りがちです。

テストをリアルタイムに終わらせる

 VectorCASTには、ソース・コード変化に追従する回帰テストを効率的に行う方法があります。コード・ベースになされる変化を追い、これらの変更により影響を受けるテストのみを再び実行する機能です。この機能により、ユーザーは頻繁にテストを行うことが可能となります – 実際、それはあなたの継続的試験環境に統合されることさえできるので、コード変化がなされる時はいつでも、関連されるテストが実行されることになります。
テスト・ケースのライブラリの成長に合わせて、再構築プロセスをスピードアップするために試験用サーバーを追加することができます(大規模な導入/クラスタリングを参照)。VectorCASTは、継続的デプロイメントツール(JenkinsやBamboo)などと連携して動作します。

主なメリット

  • エラーの早期発見がデバッグ作業を軽減

バグが書かれた直後に、変更したコードに関連するテストが起動します、エラーは記録され警告が関係者に送られます。このように、開発者がまだコード変化の内容をよく心に記憶している間にデバッグに取り組む事ができます。その事によりエラー修正を速めて品質保証プロセスをより予想できる物にします。

  • エラーを検出するだけでなく、エラーを防止する

VectorCASTプロジェクトは、すべての開発者とテスターのローカルPC上で開くことができます軽量なツールです。最新の試験実行結果や実行環境は、主要な継続的インテグレーションサーバから得る事ができます。エンジニアは変更をコミットする前に、ローカルPC環境でソースコードの変更をテストする事も可能になりますので、全体環境にコミットして問題を引き起こす前にバグをキャッチすることができます。

  • リアルタイムにプロジェクトの状態を把握

ディレクターとマネージャーは、プロジェクトのリリース時期と資源の割り当てに関する決定を下す必要があり、関係するコード品質の本当の状態を明確に可視化する必要があります。
VectorCASTを継続的インテグレーションと統合するテスト・フレームとする事で最新の状態がレポートされ、可視化されます。VectorCASTのプロジェクト・レポーティング機能では標準的なブラウザを用いてプロジェクトのテスト状態を傾向を追って確認するのに役立つ直観的なダッシュボードを示します。

お客様の声

「VectorCASTは、私たちは早期に欠陥を検出し、私たちの要求の厳しい顧客のための品質の適切なレベルを確保することを可能にする当社の組込みソフトウェア開発プロセスにおいて非常に重要な要素です。」

Sven Natus, Manager of Software Development
Fujitsu Semiconductor Europe

「VectorCAST選択の鍵となるのは、プロセスの複雑さを管理し、戦略的な品質、コンプライアンス、コラボレーションをサポートする、
そんな環境の実現を牽引することができるソフトウェア·エンジニアリング·プラットフォームを提供することでした。」

Stefan Sauerer

「我々はいくつものテストツールを評価したが、VectorCASTの自動化ソリューションには特に感銘を受けた。VectorCAST/C++を使う事で、我々はソフトウェア開発期間を大幅に短縮でき、開発プロセスを大きく改善する事ができた。」

Julieta Catania, Quality Manager
Tecme S.A.

「VectorCASTツールは我々のコードを完全にテストする為の時間を大幅に短縮した。VectorCAST/Mangerは以前開発されたテストの環境を回帰テスト・スイートに取り込み、単体テストや統合テストを一元管理する手法を提供してくれた。またVectorCAST/C++はテスターが好んで使用するタイプのツールである。」

Stanislav Fligl, Core Team Leader
ŠKODA ELECTRIC