リアルタイムでソフトウェアの品質の状況を知る

プロジェクト・マネージャー、ディレクターおよびその他の意思決定者は、多くの場合少ない
不完全な情報しかない中で意思決定を行うことが求められます。これはテスト・フェーズにおいて非常に頻繁にあります。どのくらいのコードが実際にテスト終了していますか? チームが現在時間を多く費やしている作業はどこで、それは時間を効率利用していますか? プロジェクトのソフトウェア品質のレベルはどの状態にありますか?

VectorCASTは、既存のプロジェクトに接続して、意思決定を最適化するために必要なデータを示すWebダッシュボードを備えています。それは以下の疑問に答えます。

  • 現時点でコードのどの部分が本当にテストされていますか?
  • 現在のテスト作業でどのくらいのテストが成功、または失敗していますか?
  • 検証作業においてここ数日、数ヶ月または数年の期間に渡っての作業の傾向はどうですか?
  • コードのどのセクションでが特に複雑であったり、コード・カバレッジ率の向上に苦しんでいたりしますか?これは最小限の時間で最大限の品質の向上を達成するために努力を優先する方法を示します。
  • 作業傾向を観測する事により予定どおりリリースを行うことができるか、遅れがどのくらいでそうかの分析

VectorCASTのダッシュボードは簡単にアクセスが出来、特別な訓練を必要とする物ではありません。これは、ソフトウェア開発を正常にナビゲートするためのコンパスのように使用することができます。

主なメリット

  • 推測の少ないソフトウェア品質検証の状況の把握

不完全であったり不確かであったりする情報に基づいて管理をすることは困難です。 VectorCASTの使用により指先で正確な情報を取得することが容易になります。そして変更ベースのテストの力で、情報はさらに高い精度でリアルタイムで新鮮に保つことができます。

  • 品質に最大の効果が表れる様、作業に優先順位を付けます。

時には完全なコード・カバレッジが行われない状態でリリースは行われなければなりません。 VectorCASTのダッシュボードでは、コードのどの部分が特に複雑で低いコード・カバレッジ達成率に苦しんでいるかを示すヒートマップを通して示します。したがって時間内で最大限の効果を達成する為に注力すべき点がこれらのモジュールにある事が解ります。