ソフトウェアのテスト状況がリアルタイムにわかる

プロジェクトマネージャーやディレクターなど、システム開発の意思決定者は多くの場合、少数です。情報が十分に無い中で意思決定をおこなうことが求められます。特にテストフェーズにおいてプロジェクトの状況がわからず意思決定に迷うことがあるでしょう。どのくらいのコードがテスト完了しているのか?チームが何に時間を費やしていて、作業は効率的に進んでいるのか?ソフトウェアの品質レベルはどのような状態なのか?

VectorCASTは情報をリアルタイムに確認できるWeb上のダッシュボードを備えているので、最適な意思決定をおこなうのに役立ちます。それは以下の疑問に答えます。

  • 現時点でコードのどの部分がテスト完了しているのか?
  • どのくらいのテストが成功または失敗しているのか?
  • 数日、数ヵ月、数年の期間における検証作業の傾向はどうなのか?
  • コードのどの部分が複雑で、コード・カバレッジ率の向上が上手くいかないのか?
  • 予定通りリリースすることができるのか?どのくらい遅れそうなのか?

ソフトウェア開発を効率的に進めるためのコンパスとしてVectorCASTをご活用ください。

VectorCASTテスト自動化ツールの強み

  • テストの状況を正確に把握できる

情報が不十分な中でプロジェクトを管理することは難しいでしょう。VectorCASTを利用するとプロジェクトの状況を簡単に把握することができます。そして、変更ベースのテストに関する機能で、プロジェクトの情報を更に高い精度で収集することが可能です。

  • 作業の優先順位がわかる

コード・カバレッジが不完全な状態でリリースをおこなわなければいけない場合があります。VectorCASTのダッシュボードは、コードのどの部分が複雑でコード・カバレッジ達成を妨げているのかヒートマップで示します。時間内にできるだけ品質を高めるため、どのモジュールに注力すべきか把握することができるでしょう。