レガシー・コード導入によるエラーを防止

多くの組織は何年も正常に実行されているプロジェクトがあります。使われているコードは単体テストがされているかもしれませんし、いないかもしれませんが、フィールドでアプリケーションはかなり安定し予測可能であることを示しています。これら組織は複数のサブシステムのテストを導入することが継続的な品質保証活動に有益であろうことを理解していますが、さらなるテストを導入する投資には慎重になります。

VectorCASTは、そのレガシー・コードから多くのテスト・ケースを作り、そのテスト結果を状態として記録し、コードの状態把握と適応を容易にします。更にコードに変更が加わると、すぐにコードが評価され、変更に関係するテスト・ケースだけを再実行する事ができます。 -これがVectorCASTの 変更ベースのテストです。 したがってレガシー・コード変更後の予期しない動作を早期に分析し、検出することができます。

主なメリット

  • 迅速にコード内の行動の変化を検出します。

特定のコード更新が引き起こす結果の差を少ない労力で見つけることができ安定したレガシー・リリースを行う事ができます。変更によりバグがコードに混入されるリスクを大きく削減することができます。

  • 危険な値を自動的に検出し、コードの再利用を改善

私たちのベースラインサービスは、既存のコードに大規模なテストケースを注入することができ、この事により多数の異なる角度でコードをテストします。時には、これらのテストケースは、特定の値を使用する事により失敗することがあります。この様にエッジ・ケースをテストし、処理を改善することによって、再利用を向上させることができます。