品質確保へ最上手段の選択

QAプロとして、あなたのアプリケーションのリリースにエラーがないことを確認する必要があります。コード・カバレッジと要件ベースのテストの価値を理解して、メトリクスを考えます。これはどのように効率的に行えるのでしょうか?

VectorCASTは、コードの品質が保証されていることを確認するためにあなたに様々な手段を提供しています。VectorCASTソリューションは、あらゆる主要なテストの種類をカバーしており、機能試験、システム試験、統合試験、単体テスト、そして静的解析などが利用可能です。あなたはあなたのアプリケーションの特性に基づいて、コードの品質を確保するための最善の戦略を決める必要があります。 VectorCASTを使用すると、そのクラスで最高のテストツールの選択肢を取得できます。

ツールは作業を整理し効率化します

既にあなたは更なるテストを必要とする多くのコードを持っているはずです。(レガシー・コードと呼びましょう)。そして時間は限られています。まずシステム・テストを行い、続けて単体テストを追加していく事を考えてみましょう。VectorCASTでは、あなたがより多くのカバレッジを必要とするコードの行を強調表示することによって効率的にこれを行うことができます。あなたがサブシステム・レベルで追加のテストケースを作成・実施すると、テスト結果は自動的に1つのレポートにマージされます。 VectorCASTはコードの行がどのテストケースでカバーされているかを正確に示すことによって、当て推量を排除してテストの進行を効率化します。

ゼロからユニット・テストを開始する必要がれば、我々のベースラインへの提案を検討してください。これはコードに合わせていくつものテスト・ケースを自動生成します。更に磨きをかける必要があれば、VectorCASTにはテストされていないコード部や特に複雑であるコードのセクションを強調表示することができますので、限られた開発リソースをどこに投ずるべきかを判断しやすくなり、すぐに効果を感じる事ができます。

再実行とレポート

テストに対する様々な独自の組み合わせ要求が計画される場合も、あらゆるテスト環境とテストケースはVectorCASTフレームワークによって管理することができます。そこから、コードの変更に基づいて任意のテストを再実行することが可能になります。また、VectorCASTの環境からは包括的なレポートが出力可能で、いくつの要求が達成されたかなど独自の要件リポジトリから直接生成できます。 VectorCASTは事務仕事を離れて自動化されます。

テストケースへの投資をライフサイクル全体で活用

これらの活動のすべてはユーザー独自の継続的ビルドプロセスで自動化することができます。コードは変更されるといつでもその場で当該テストが再実行され、何か問題があれば自動的に警告が表示されます。これはバグを埋め込んでから発見するまで最短の方法であり、それは同時に修正するのが最も簡単なタイミングである事を意味しています。.