テスト効率化は開発期間短縮を助けます

あなたの組織は、あなたにエンジニアとして、短いスケジュールの中で新しいコードを開発するように依頼するでしょう。時間的制約は企業の市場での成功に大きく依存します。この事は開発者やテスターに大きなプレッシャーをかけ続けています。そしてもしバグが混入されたまま進んでしまうと、個人が非難されるという状況です。

VectorCASTは、この挑戦に対処することを手助けするために使いこなされるツール郡を備えています。プロジェクト設定を基に新しい単体テストまたはモジュールテスト環境を迅速に構築します。テスト・ケースの作成はマウス操作と、ツールによる自動生成およびユーザーによるテスト値の指定により見る見るうちに構築されて行きます。テストの実行も容易で、ホスト環境、シミュレータまたはボード上のいずれにおいても実行することが出来ます。ツール・スイート全体が非常に直観的で強力な機能を有しており、あらゆる複雑さのテストケースを設定るために十分に柔軟でもあります。その結果、コードに挿入された欠陥を効率的に探り出す事ができるのです。

コード・カバレッジ取得時の実行を再現

コード・カバレッジを取得しても実際にテストがどのように実行されたか確信が持てる訳ではありません。例えばテストが失敗してプログラムがクラッシュした時、原因追及の為にはデバッガで調査を行うでしょうか? VectorCASTのアニメーション・コード・カバレッジ機能も原因調査に役立ちます。カバレッジ取得時のデータを基に、ホスト上でターゲットの実行を再現するこの機能はどのようにコードが実行されたかを理解する事を手助けし、コードがクラッシュする直前に何が起こったかを知る事ができます。この為解決の難しい問題に長引かさせられる事もなく迅速に問題を解決する事ができます。

エラー防止の為に前回のテストケースを活用

あなたが作成するすべてのテストケースは、プロジェクトの一部になり、それらはプロジェクトの全体のライフサイクルのために再利用できます。そしてそのテスト・ライブラリはあなたの強力な味方となり得ます。

例えばプロジェクトの一定のフェーズの間、あなたはラインを新たに書くというよりも、コードを修正することを中心に行う事があると思われます。これは、他人の書いた良く理解できていないコードに対する場合、ストレスが多い作業となって、バグが導入され、結果としてまた修正に多くの時間がとられます。

VectorCASTでは変更ベースのテスト機能を通してこの作業を効率的に助けます。これはコードの変化に基づいて関連する必要のあるテストだけを起動し、結果が最新であることを保証する機能です。これは開発者またはテスターの開発用PCで実行可能です。継続的なテストサーバーから最新のテスト環境と結果を取得し、ローカル環境でコミット前のコードに対して変更ベースのテストを行って影響を確認してからコミットする事も可能です。この事により毎回全部のテストを行う工数の削減や、変更コードに対する早期確認が実施され、より予測できる修正作業とテスト活動という開発プロセスを実施できます。